JP1

Thumbnail of post image 094
起動条件を48時間待つ場合の指定相対時刻の場合

起動条件の有効範囲を「相対時刻」にして2879分の間で指定する。24時間制でも使え、絶対時刻のようにMAX2日後の47:59までという制約を受けない

例)上記設定で開始日時を2 ...

JP1

Thumbnail of post image 047

実行開始時刻には,0:00から47:59の間で分単位に時刻を設定できます。

3.3.2 スケジュール情報の定義 : JP1/Automatic Job Management System 3 導入ガイド (hitachi. ...

JP1

Thumbnail of post image 157
「退避」で出力される定義フォーマット

AJS/Viewの「退避」でジョブネットの定義を出力すると、こんな感じになってしまい、視覚的にはわかりずらいです。

世の中にはこれをExcel化するVBAを書く猛者もいるようですが、

JP1

Thumbnail of post image 045
異常終了を見逃してジョブネットの遅延に気づけない

JP1/AJSで途中で異常終了になってしまったジョブネットが終了遅延監視の絶対時刻を迎えた場合は終了遅延を示す「KAVS0276-I」が出力されないため、異常終了のままだと遅延に気づくこ ...

JP1

Thumbnail of post image 058

スケジュールされているジョブを臨時に部分的に止めて確認後、動かすようにしたい、という時はジョブを保留します。

ジョブを保留する

左ペインでステータス監視を選択

右ペインの中でジョブ実行予定となっているジ

JP1

Thumbnail of post image 163

毎日22:30 と 22:45

に実行登録されたジョブネットがあるとします。

次回予定後倒しの場合

現在時刻が22:30より前の時間に次回の実行を22:35に変えるには

左ペインで「ステータス監視」を ...